府中の街と共に創業42周年。皆さまのおかげで地域貢献型の不動産業を進めて参りました。

「2017年10月」の記事一覧

秋色をインテリアに取り入れよう!

先週こちらのブログで、台風一過でいいお天気!しばらく続いて!と書いたら、
その後またも週末に台風が襲来…(幸い上陸はせず、豪雨のみでしたが…)
そして昨日は東京で木枯らし1号が吹き荒れました。
なんとなく優れないお天気が続いていますが、
明日あたりからは秋晴れの予報となっています。
紅葉シーズンも始まりますし、しばらく秋を満喫させてください神様〜。

秋といえば読書の秋、なんて言われるように、
家の中での時間をのんびりと楽しむのにもとてもよい季節。
そんな時はせっかくだから居心地のよいお部屋にしておきたくはありませんか?
カーテンを替えたり、新しく大きな家具を買うような大規模な模様替えではない、
ちょっとした小物で秋を感じられるような色味をご紹介します。

▪️イエロー系
紅葉したイチョウの葉っぱを思い出させるイエロー系の小物。
パキッとした蛍光色のようなイエローではなく、ナチュラルなイエローを選ぶのがポイント。

fall01

(via ittala)
光を通す優しいイエローのキャンドルと、北欧を感じるムーミンのオレンジが、
秋の日差しを浴びたイチョウの葉っぱのようです。

▪️アンバー系
枯れた葉を思い出させるアンバー系の色味。
そればかりになると重たい雰囲気になってしまうので、ポイントで使ってみましょう。

fall02 (via a-depeche)
こちらはスタッキングできるコップでおなじみにデュラレックスのアンバー色のコップ。
色が変わるだけでこんなにも印象が違うなんて!
お値段も良心的で、取り入れやすいですね。

▪️セピア系
こげ茶から黒系の落ち着いたトーンのセピア系。
くすんだ色が外の風の肌寒さと、家にいる安心感を感じさせてくれます。

fall03

(via canffy) 森を思い起こさせる古材でできたミラー。
古材は重くなりがちなアイテムですが、光を反射するミラーとセットになると
そこまで重苦しくならずに、お部屋を一瞬でおしゃれに見せてくれるのでおすすめです。

いかがでしたか?
今度の週末は三連休!
1日は秋色を探しにショッピングに、
他の日は秋色を取り入れたお部屋でのんびり読書や映画…
なんて過ごし方もいいかもしれませんよ〜。

(via kinarino)

お子さんと一緒にバレエ観劇はいかがですか?

ballet02

先週〜週末にかけて雨雨雨…そして台風!という酷いお天気でしたが、
今週は台風一過でお天気の良い日が続いていますね。
今年は秋晴れの日が本当に少ないので、
このお天気が少し続いてくれるといいですよね。

今年はそんな風に悪天候に悩まされているうちに季節が流れ、
気がつけばあっという間にもうすぐ11月!
年末の話もかなり聞こえてくるようになり、なんとなくソワソワ…。
そろそろ冬休み、年末年始の予定なども決まり始めているのではないでしょうか。

そんな冬休み目前の週末、府中にバレエ団がやってくるのをご存知でしょうか?

ballet03

やってくるのは森下洋子、刑部星矢率いる松山バレエ団。
演目は「くるみ割り人形」の全幕。
こちらの公演、注目してほしいのが子供OK、むしろウエルカム!な公演ということ。
府中の森芸術劇場では日頃から子供OKの演目が沢山行われているのですが、
こちらの公演もそんな公演のひとつ。
普通の公演だと気になってしまう子どもも、ウエルカム!と言ってもらえれば
気持ちよく観劇させることができますよね。

しかし、連れて行く親としてはどうしても気になってしまうのがチケット代。
バレエってチケット代がとっても高いのでは…とご心配の方、ご安心ください。
こちらの公演はきちんと子供料金も設定されており、良心的です。
また更に親子ペア券(一般+子ども)も用意されており、
普通に一般+子ども券を購入するよりも1000円お得になるように設定されています。
ballet01 もちろんそうは言ってもすごく安い!と言えるようなお値段ではありませんが、
お子さんが新しい文化に触れる体験としては、そこまで高い!!
と言うほどではないのではないかと思います。

お子さんの初めてのバレエ観劇に、冬の思い出作りに、
12月16日は是非府中の森芸術劇場へ足を運んでみてください★

(via 府中の森芸術劇場

一人暮らしの風邪…どうする?

kaze00

ここ、数日とっっても寒い日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
なんと月曜日(10月16日)の東京都心の気温は10月としては46年ぶりの寒さだったのだとか。
週の後半になるにつれて、少しずつ回復していくそうですが、
どうなることやら…もう少し秋を満喫させてくださーい!

こんな天気が続くと、心配なのがやっぱり体調を崩すこと。
自分の今までの風邪を振り返ってみて、やはり一番辛かったのが、
一人暮らしの時の風邪。
風邪は薬を飲んで、食べて、寝る!に限るのですが、
一人暮らしの時はどうしても「食べる」の部分がおろそかになり、
完治が遅れがちになってしまっていました。

今はコンビニに大抵のものは売っていますが、
風邪で辛いときは自分で考えて買うのさえ億劫になりますよね。
しかも、本当に辛い時期に買い物に行けるのは恐らく病院の帰り道の一度だけ。
その貴重な一回を失敗しないように、その際に買っておくべきものを選んでみました。

まずは、食べ物

kaze01

・レトルトのおかゆ
・冷凍の鍋焼きうどん
・ウィダーインゼリー
・おにぎり
・ゼリー
・バナナ
・みかん
特に、レトルトパウチのおかゆは温めなくても食べられるものもあります。
本当に怠いときは、電子レンジや湯煎などもできないですよね。
そのまま食べられるものは重宝しますので、おすすめです。

次に、飲み物。

kaze02

・栄養ドリンク
・スポーツドリンク
・ポタージュスープ
・ジンジャーレモンなどの体が温まるドリンクの元
水分補給は病気の際の基本!
さらに体を温める飲み物もあったら最高です。

そして、あると便利!なもの。
・冷却シート
・のど飴

いかがでしょうか?
先ほど、本当に辛い時期に病院に行けるのは病院帰りの一度だけ…
と言いましたが、最近はネットスーパーやコンビニの宅配なども充実しはじめています。
元気なときに、自分の近所の宅配事情なども調べておけば、
フラフラの状態で実店舗で買えなくても、お布団の中でスマホで注文することもできますね。

また、実家には当たり前のようにあった体温計も、
一人暮らしだと持っていないことも多いはず。
ちょっと高いので買うのを躊躇してしまいますが、
体温を知ることで自分の体の状態を知ることができます。
思い切って買っておきましょう!

また、夜間や休日にあまりにも具合が悪くなり続けるようでしたら、
救急・休日・夜間診察も視野にいれておきましょう。
自分の住んで居る自治体のホームページには案内がありますので、
こちらも普段からチェックしておき、携帯電話もメモリに登録しておくといいかもしれません。
因みに府中市の救急・休日・夜間診察についてのページはこちら
ひかないこと!が一番ですが、ひいてしまったらどうしよう?
というシミュレーションもしておきましょう!

(via WEBの図書館)

今年の秋は、塩きのこに注目!

冬のような気温にびっくりして慌ててセーターなどを引っ張りだしたら、
今度は一転、夏のような気温に逆戻り。
半袖Tシャツなんてしまっちゃったよー!とまた慌てて衣装ケースをひっくり返すことに…
情緒不安定な気温に振り回されているのは私だけでしょうか。

kinoko02

気温差で体調を崩さないように気をつけましょう!

さて、秋と言えばやはり食欲の秋ですが、みなさんは秋が旬の食べ物では何が好きですか?
松茸、栗、柿、ぶどう…美味しいものがたくさんありますよねー!
ただ、秋の味として筆頭にあがる松茸はあまりばくばくと食べるものではないのが残念なところ。
しかし、松茸以外のきのこ類はどちらかと言うと家計の味方!
この季節はセットになって安く売っていることも多くて、美味しくて安くて最高の食材です。

そんなきのこを使った常備菜「塩きのこ」が今ブームだって、ご存知ですか?
テレビや雑誌などで紹介されて密かなブームになりつつあるそうですよ。
きのこのうまみとしゃきしゃき感を存分に味わえ、
色々な料理にアレンジできる…これは作らないわけにはいきませんね。

kinoko01

しかも、作り方は超!簡単!
用意するものは、きのこ、塩、保存瓶のみ。
基本的な作り方は…

①まず、保存瓶を煮沸消毒。
②用意したお好みのきのこをカット。
③たっぷりのお湯できのこを茹で、ザルにあげる。
④お湯を切ったら用意した瓶につめ、分量の塩をし、瓶を揺すってまぜる。
⑤粗熱がとれたら冷蔵庫に入れ、1日寝かせたらできあがり!

どうですか?
とーーーっても簡単でしょう??
それでも、お湯を沸かすのが面倒くさい!という方は、
きのこをレンジにかけてもOK!

できた塩きのこはスープやシチューに使ったり、オムレツにいれたり、パスタに絡めたりと
使い道はとってもたくさん。シンプルな味なので、アレンジ次第で色々な料理に使えそうですね!

作っておくと、とっても助かる常備菜。
今年の秋は、塩きのこを常備菜のレギュラーに仲間入りさせてみてはいかが?

(キナリノ)

残り5日!プラネタリウムを観に行こう!

昨日は少し動くと汗ばむくらいの気温でしたが、
今日はぐっと秋らしい気温になりましたね〜。
朝、何着よう?!と困った方も多いのでは…
3連休は、衣替えに決定ですね!

さてそんな3連休、衣替えが終わったらぜひ行ってもらいところがあるんです。
それは…

pla01

府中市郷土の森博物館の、プラネタリム
30年間頑張ってきた投影機、GL-ATが10月9日(月)の投影を最後に、
なんと、さようならすることになってしまったのです…。
プラネタリウムの投影機の寿命がどれくらいなのか、私にはちょっとわからないのですが、
30年間というのは機械にとって、とても長い期間なのかもしれません。
さみしいけれど、しょうがないのでしょう…

pla02

三連休には「プラネタリウムを動かしてみよう!」
「プラネタリウム投影機GL-ATのひみつ」といった、
さようなら企画が予定されています(どちらも残念ながら募集が締め切られています)。
ただでさえロマンチックなプラネタリウムですが、
連休中はプラネタリウム内がさようならムード一色になりそうな予感です。

pla03

現在、プラネタリウムで投影されているプログラムは4つ。
平日は、日本の無人小惑星探査機「はやぶさ」の打ち上げから予定される帰還までを 全編CGで描いたドキュメンタリー「HAYABUSA」と、
満天の星の中を鉄道列車で走る宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」。
そして休日はその二つに加えて子供向けのプログラムである
「ドラえもん2」と「ドラえもん3」が投影されています。
それぞれ、番組の前半ではその当日夜に見える星空の生解説もあるそうです。

30年間頑張ってきた投影機ということで、
幼い頃の思い出がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
随分行ってないけど行ってみたいなあと思っていた方、
ずっと行ってみようと思って行けていなかった方、プラネタリウムの存在を初めて知った方。
是非、みなさん最後の投影を見に行ってあげてくださいね!

(via 府中市郷土の森博物館)

このページのトップへ